手軽にできるけど守るべき応募マナー

メールでのマナー

件名は分かりやすく

企業にはいろいろなところからたくさんのメールが来ます。
ですので、件名は一目見ただけで分かりやすくすることが必要です。
件名を何も入れずに送ってしまう人がいますが、それは危険です。
件名が分かりにくいと迷惑メールとして流されてしまうこともあります。
ですので、件名には要件・名前等を入れることを忘れないようにしてください。
メールの本文でも分かりやすさが大切です。
長く書けばいいなんてものではありません。
長いと読むほうも大変です。
読むほうへの配慮も忘れないようにしましょう。
他にも、メールで一番怖いのは宛先の間違いです。
メールアドレスは確認に確認を重ねるようにしましょう。
楽なメールでの応募ですが、間違えると大変なことになってしまいますので、気をつけましょう。

返信はなるべく早く

メールの返信は早ければ早いほどいいです。
あまりにも返信が遅いと心配になることもあるかと思います。
求人の応募でしたらなおさら迅速な返信がいいでしょう。
連絡が取れなくなったら、応募がなかったことになってしまうこともあります。
早めの返信を心がけましょう。
また、返信の時間にも気を配るといいかもしれません。
夜中や早朝などメールを受け取った相手が気を使ったり、嫌な思いをしないような配慮があるといいでしょう。
他にも、メールだけでわからなかった部分は直接電話するなどの行動も必要な場合があります。
メールで不明な部分はそのままにせず、自分から動くようにしましょう。
メールでの応募は楽ですが、電話等と違って配慮しなくてはならない点がたくさんあります。


この記事をシェアする