手軽にできるけど守るべき応募マナー

電話で気を付けること

最初に大事なことを

電話をいざかけると、やはり緊張してしまいますよね。
テンパってしまって何を話したらいいのか訳が分からなくなってしまう方もいるかと思います。
電話を掛けたらまず、求人応募に応募するという要件と名前を名乗ってください。
名前を名乗ることを忘れてしまう方が多いです。
自分から電話を掛けたにもかかわらず、名乗らないことは失礼にあたってしまうこともあります。
また、企業はたくさんの部署に分かれているので求人応募の件と言わないと話が進まなくなってしまいます。
求人の係りの方に早めに繋いでもらって、手間や時間を取らせないようにしましょう。
名前と要件が伝われば、あとは先方の方が話を進めてくれると思います。
リラックスして受け答えしましょう。

メモの準備

求人応募に電話をかける前には、メモを準備しましょう。
これは常識です。
電話で面接の日程などを決める際には確認できるようにメモを取ります。
電話の途中でメモを準備するのはやめましょう。
予定の分かる手帳等も用意しておくといいでしょう。
また、重要事項は復唱するようにするといいでしょう。
そうすることで先方も安心しますし、確認にもなります。
電話では声が遠く聞こえたり、どもって聞こえたりしがちです。
ですので、はっきりと喋るようにしましょう。
何度も聞き返されたりすると、自分も相手も嫌な気分になってしまいます。
しっかりとした大きな声で一度で伝わるようにしましょう。
電話での応募は、直接電話越しで話すので気を引き締めてやらなければなりません。


この記事をシェアする