手軽にできるけど守るべき応募マナー

一歩間違えると怖いマナー

電話の特徴

求人に電話で応募するのは郵送やメールよりも緊張するかと思います。
しかし、そんな電話だからこその利点もあります。
直接話せるので、気になることを聞くことができます。
迷っていて気になる点を聞いてからの応募もできます。
郵送やメールの様に返事が来るまで時間をとらないので、迅速な対応がしてもらえます。
ですので、面接などの日程の調節がしやすいです。
また、メールなどでは、不備や無視などを心配する方もいるかと思いますが、電話でならそのようなことも少ないです。
直接先方と電話で話すのは緊張してしまうかもしれませんが、心配事が少ないのは電話でしょう。
しかし、その分電話での言葉遣いなどから見られているということを忘れないでください。

メールの特徴

メールでの求人応募は緊張したりせずに気楽にできます。
連絡先だけメールして細かいことは面接で確認することが多いです。
いくつもの求人に応募している場合などには、メールで手軽にいくつかの求人に応募すると効率が良いでしょう。
人と話すことに緊張してしまう方などは、メールで応募して面接まで練習をするという方もいます。
忙しくて電話を掛けたり出たりする暇がない方もメールでの求人がいいでしょう。
しかし、メールでの求人には、勘違いやメールミス、見落としなどのトラブルがあることも事実です。
文字でのやり取りとなってしまうので、意味の捉え方などの配慮が必要です。
便利で気楽に応募できてしまうメールでの求人応募ですが、気を抜いていると大ごとになることもあります。
注意するようにしましょう。


この記事をシェアする